取り組み

阿部幸製菓CSR

豊かな地域社会の発展に
寄与します。

地域社会を構成する一員の責任として、
地域社会の活性化に向けた支援を行います。

  • 小千谷市内のイベント(小千谷祭りなど)に積極的に参加。
  • 障がい者の就労について、積極的に支援。
  • 地域施設への商品無償配布。

地元企業との連携や、
地元新潟の食材を使います。

  • 地元企業と連携したイベント開催。
  • 地元企業の商品とセット商品の提案。
  • 地元新潟の食材を積極的に使った商品の開発。

安心安全の食品を
提供します。

従業員、取引先とのコミュニケーション
(良好な関係)を重視。

  • 従業員満足度の維持向上を図ります。

食品安全マネジメントシステムへの
積極的な取り組み。

  • 内部監査及び外部監査による複合監査により評価します。
  • 本社全工場でISO22000:2005認証取得。
  • 2020年にISO22000:2018認証取得。

フードロス削減に
取り組みます。

会社行事における
食べ残し削減を実行します。

  • 小千谷市宴会5か条を推進します。

会社全体での
排出ごみ削減・減少を目指します。

  • 製造工程のロスを削減し、生産量のコントロール、販売量の見直しを行います。

全社員の健康維持・促進を図り、
ダイバーシティ・
マネージメントを遂行します。

健康診断の充実

  • 健康診断では法定以上の項目を実施しています。

従業員のサークル活動の支援

  • 趣味の会(サークル活動)の推進、経費補助を実施。
  • スポーツエールカンパニーの認定。
  • ラジオ体操の継続(表彰)。

ダイバーシティ・マネジメントの遂行

  • 性別、国籍、年齢、障害などにとらわれない多様な人材の活用と支援を行います。

開発企業として世界中の人々にとって
付加価値のある商品を提案します。

各国のニーズに合致する商品提案

  • 世界の嗜好に合わせた商品をそれぞれ提案していきます。

海外輸出の拡大

  • 世界の人々に笑顔の輪を、私たちの食品を通じて広げていきます。

次世代育成支援

阿部幸製菓株式会社は次世代育成支援対策推進法に基づき、
企業として「仕事」と「家庭」とを両立しやすい職場づくりに取り組んでいます。

行動計画

社員が仕事と子育てを両立することができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

令和1年7月20日〜令和4年7月19日

2. 内容

妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職場生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境整備

目標:1女性会「ラシーク」を立ち上げ、女性管理職育成のための動機づけを行う。

(対策)他社の女性社員との交流会を開催する。
「女性が生き生きと働ける環境について」と題し意見交換を行う。
社内で座談会(男性社員も交えて)を開催する。
社内報を通じて活動報告を行い、全社員へ周知する。

次世代育成支援対策に関する事項

目標:2地域において、社員が参加しての子供・子育てに関する地域貢献活動の実施。

(対策)年に一度、阿部幸製菓感謝祭のようなイベントを開き、地域の親子や子供たちを中心に社員と交流して楽しんでいただく。

女性活躍推進

阿部幸製菓株式会社では、女性の職業生活における活躍推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき、
女性社員が能力発揮・キャリア形成しやすい環境の整備を行うために、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職場生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境整備

2. 当社の課題

課題:1男女の勤続年数に大きな差は見られないが、管理職に占める女性割合が低い。

課題:2管理職を目指す女性が少ない。

3. 目標

目標:2021年までに、女性管理職の占める割合を20%から25%にする。そのために、女性社員が能力発揮・キャリア形成しやすい環境整備の実施。

4. 取組内容と実施時期

取組:1女性社員が能力を発揮しやすい環境整備

2018年6月〜 女性社員で構成する部会の立ち上げ
女性社員で構成された会議を定期的に実施
2018年8月〜 仕事と家庭の両立支援のためのセミナー開催
2018年10月〜 女性社員向けのセミナー計画・実施
2019年6月〜 入社3年未満のキャリアデザイン研修の実施

取組:2キャリア支援の強化

2018年7月〜 中堅社員対象のキャリアデザイン研修プログラム検討
2018年11月〜 中堅社員対象のキャリアデザイン研修の実施
2019年6月〜 女性社員、次世代若手社員を対象としたセミナー実施・セミナー実施後の問題点の把握

イクメン応援プラス宣言

男女ともに働きやすく、仕事と家庭を両立しやすい職場環境づくりのため、
男性労働者の育児参加を応援するとともに、次の取組を行うことを宣言します。

1. 取組内容

取組:1配偶者が出産を控えている男性社員には、個別に育児休業制度について案内する。

取組:2男性でも育児休業の取得が可能であることを全社員に広く告知する。

取組:3男女問わず仕事と育児が両立できる職場環境作りのための意見交換会を開催する。

2. 経営トップからのメッセージ

妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職場生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境整備

男女共に仕事と家庭が両立でき、安心して働けて能力が発揮できるような、職場環境づくりを目指します。