「新しい取り組みをしよう!」

良く聞くワードで、簡単に口に出しがちですよね。

 

「新しい商品で新しい市場へ参入しよう。」

実際に常々、目標となっている事で、

 

「別の柱をつくる」

 

開発にとっては大きな課題です。

新しい商品」「新しい市場」「新しい柱

 

・・・

 

「それって何だろう?」

そんな簡単には出てきませんが、時間をかけて考えても出てきません。

 

「新しい」というテーマがあるときに、

まずは、外に目を向けがちになります。

 

外に出て市場を見たり、人と会い情報を得たり活動しました。

得るものはゼロではありませんでしたが、具体的な絵が出てきません。

 

なぜなら、市場にあるものはすでに新しくありませんでした。

 

そんな中・・・

 

柿の種柿ピーの市場は、成熟市場」

メイン業務の柿の種のベースアップも急務となってきました。

 

成熟市場ということは、のびしろは少ないので、新しい市場を目指すしかない。

 

ふと、気づきました。

新しい事」と「柿の種」をくっつけて、あたらしい柱をつくれば良いのではないか。

 

新しい事」というワードに惑わされ、一番身近な、「柿の種」が頭から抜けていました。

 

 

「まずは、一番得意な柿の種をベースに新しい取り組みを考えよう。」

 

良く考えると、あたり前な事ですが、

この事が、柿の種のオイル漬けの開発のスタートとなりました。

 

 

柿の種のオイル漬けは阿部幸製菓インターネットショップよりご購入いただけます。

柿の種のオイル漬けにんにくラー油↓

https://item.rakuten.co.jp/okashi-saori/abk200/

柿の種のオイル漬けピーナッツバター↓

https://item.rakuten.co.jp/okashi-saori/abk202/