「なんで、柿の種がフニャフニャじゃないんですか?」

この商品を展示会でご試食いただいた方、ご購入いただき、ご感想をアップしていただいた方から、一番、いただくメッセージです。

商品企画時、一番大切にしていたPOINTなので、同じ感覚を共有できて、開発者としては非常にうれしい限りです。

 

「柿の種が湿気る。」

 

空気中の水分が柿の種に浸透するため湿気ってしまうのです。

水分=液体
「液体に漬けると柿の種が湿気る」

一般的にそういうイメージがあるのは、そのためだと思います。
液体は湿気るが、液体でも油であれば湿気らないのではないか。

仮説をたてて、それを社内で話すと当たり前のように、

「湿気らないんじゃない。」

「え!?」

「そんな軽い感じ?」

私にとっては、衝撃的な事実でした。

 

 

この感覚が、お客様も必ず驚いて、共感してくれると確信した瞬間でした。

つくっている側からすると、ごく普通の事が、一般的には、常識ではなく、その情報が新鮮である事が、実は結構あります。

「柿の種が液体に浸かっているのに、湿気らず“カリカリ”食感」

 

 

些細な事ですが、非常におもしろい体験です。

そんな、魔法にかかったような体験をみなさまにお届けできれば幸いです。

この商品は阿部幸製菓インターネットショップよりご購入いただけます。

            ↓↓

https://item.rakuten.co.jp/okashi-saori/abk200/